Home > 学科紹介 > 児童福祉科

学科紹介

児童福祉科Child Waface

子どもを守り育てるために・・・
保育+家庭・地域を支援する力をつける!

  • 子どもと関わる仕事を時間をかけて選びたい
  • 保育所の先生になりたい
  • 卒業と同時に幼稚園の先生の資格が欲しい
  • 児童福祉施設のスタッフになりたい
  • 障害・虐待など、幅広い問題に対応出来る保育者になりたい

3年目は、自分の目指す分野に分かれて(4専攻)ソーシャルワークの資格取得を目指します。

保育・幼児教育障害児保育虐待・養護障害

I類※1
保育所や児童福祉施設の保育士・指導員になるために、
ケアワークからソーシャルワークまで幅広い知識と技術を修得できるカリキュラムです。
取得できる資格保育士・社会福祉主事任用資格・社会福祉士受験資格※3・専門士
働く職場保育所、児童養護施設・乳児院、障害児施設・障害者施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設
II類※1
保育+幼児教育+ソーシャルワークに関する幅広い知識と技術を身につけて、
地域の子育て相談ができる保育者になるためのカリキュラムです。
取得できる資格保育士・幼稚園教諭2種※2・社会福祉主事任用資格・社会福祉士受験資格※3・専門士・短期大学士※2
働く職場保育所・幼稚園・認定子ども園、児童養護施設・乳児院、障害児施設・障害者施設、情緒障害児短期治療施設、
児童自立支援施設
  • ※1:教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座です。
  • ※2:短期大学通信教育との教育連携により幼稚園教諭2種免許が取得できます。
  • ※3:要卒業後実務経験1年
image-1

児童福祉科の特徴

保育・幼児教育専攻
子どもを見守り育てる地域づくりに貢献できる力をつける。

児童福祉科の特徴 保育者は子どもの情緒の安定を図り、食事や排泄、睡眠、衣服の着替えなどの世話を通じて子どもが生活習慣を身につけられるように働きかけます。また子どもの発達をサポートできるように教育を提供しています。さらに地域の親子を対象に、育児相談や子育てサークルで個別相談を行うなど、幅広い支援ができる力が求められます

障害児保育専攻
障害特性を理解し、発達に応じた保育ができる力をつける。

児童福祉科の特徴 障害のある子どもに関わる保育者は、障害の正しい知識を踏まえた上で、個性や発達を考慮しながら療育活動(基本的な生活習慣やコミュニケーション力、様々なものに対する興味・関心や感性、集中力などを養うプログラムの提供)を行います。同時に障害のある子どもを含めた統合(共生)保育を適切に進めていく力が求められます。

虐待・養護専攻
虐待を受けた子ども、家庭で生活できない子どもをケアする力をつける。

児童福祉科の特徴 児童福祉施設には、両親の離婚や虐待などの事情から、家庭での養育を受けられない子どもたちが生活しています。保育者は、子どもたちの衣食住から、しつけ、進学・就職の相談まで、生活全般をサポートします。また、傷ついた子どもたちへのメンタルケアや保護者への対応など、保育+ソーシャルワークの知識・技術も求められます。

障害専攻
障害のある人が自分らしく生活できるために必要な支援を提供できる力をつける。

児童福祉科の特徴 障害がある人に関わるには、障害特性を踏まえた上で個性や身辺自立能力を考慮しながら支援を行います。また、個人の能力を引き出し、生活を楽しく感じてもらえるように、日常生活支援ではコミュニケーション力、集中力を養うプログラムを提供したり、自立生活が送れるように就労などの支援ができる力が求められます。

このページのTOPへ

児童福祉科のカリキュラム(主要科目)

児童福祉科のカリキュラム(主要科目)

このページのTOPへ

児童福祉科での3年間の流れ

児童福祉科での3年間の流れ

このページのTOPへ